ED治療薬バイアグラ・レビトラ・シアリスの副作用と服用法です。

ED治療薬の主な副作用と服用方法

副作用

ED治療薬を服用する上で注意しないといけないことももちろんあります。

 

ただ服用するだけで勃起するといったイメージが先行してしまい、肝心なことを知らないまま、バイアグラ、レビトラ、シアリスを飲んでいる方は大勢います。

 

このページではこれらのED治療薬を飲むことで起こりうる体への負担、すなわち副作用についてご説明していきたいと思います。

バイアグラの代表的な副作用

バイアグラなどのED治療薬は正直なところ副作用はどんな形であれ必ずあります。
主な副作用は、
・顔のほてり
・頭痛
・頻脈
・紅潮
・鼻詰まり
などがよくある症状として挙げられます。

 

バイアグラの服用方法

バイアグラは1日1錠の服用に限られており、自分の勝手な判断により量を増やすことはダメです。
仮に服用量を増やしたところで効果が強まることはないと言われており、逆に副作用が強まってしまうと言われています。
服用するタイミングですが、バイアグラは性行為を開始する約1時間前に服用することが望ましいとされています。
あとは気になる食事などの影響ですが、空腹時に飲むのと満腹時に飲むのとでは雲泥の差があります。
食事をした後に服用すると、効き目が実感できるまでに時間がかかってしまい効果がわからないまま効き目が切れてしまう恐れがあります。
これは体に吸収するまでに他の食べ物から出た脂分などが胃の中に膜をはってしまうためだと言われています。

 

バイアグラを服用する際は必ず、
・空腹の状態で飲む
・性行為約1時間前に飲む
・1日1錠の服用で量を増やさない
・副作用が強く現れた場合医師に相談する
などを守るようにして下さい。

レビトラの代表的な副作用

レビトラを服用することであらわれる恐れのある副作用は、
・顔のほてり
・頭痛
・頻脈
・紅潮
・鼻詰まり
・動悸
・視覚異常
などがよくある症状として挙げられます。

 

レビトラの服用方法

レビトラもバイアグラと同じく1日1錠の服用に限られています。
こちらも効果が強まるわけではなく、ただ単純に副作用が強まる恐れがありますので控えるようにして下さい。
レビトラの特徴としては、他のED治療薬と違い水に溶けやすい性質の錠剤を使用しているため即効性があります。
その為、性行為前の30分ほど前に飲むことで効果を実感することが出来ます。
一般論でよく言われている食事の影響を受けにくいとされている部分ですが、実際に飲食をして飲んでみた結果、やっぱり空腹時に飲むのが1番だと体感しました。

 

そのためレビトラを服用する際は必ず、
・できるだけ空腹時に飲む
・性行為の30分前に飲む
・1日1錠の服用で量を増やさない
・副作用が強く現れた場合医師に相談する
などを守るようにして下さい。

シアリスの代表的な副作用

シアリスを服用することであらわれる恐れのある副作用は、
・顔のほてり
・頭痛
・頻脈
・紅潮
・鼻詰まり
・動悸
・視覚異常
などがよくある症状として挙げられます。
このあたりの副作用は正直どのED治療薬も同等と考えて大丈夫です。
ただ、シアリスに関しては副作用が少ないとされており、実際に私が服用した際も副作用は感じませんでした。
ただ副作用がまったくないとは言い切れませんので注意は必要です。

 

シアリスの服用方法

シアリスも他のED治療薬と同じく1日1錠の服用と限られています。
このあたりはもう全てのED治療薬に共通していることなので書く必要はないと思いますが念のために。
シアリスの特徴は何と言ってもその持続時間の長さです。
その為、空腹時にシアリスを飲んでおいてその後飲食することが出来ます。
効果の時間が短くても24時間以上持続するため、空腹時に飲むということさえ守ればある程度の効果は期待できます。

 

そのためシアリスを服用する際に注意するポイントは、
・1日1錠の服用で量を増やさない
・副作用は比較的少ないとされていますがもし現れた場合は医師に相談する

 

ED治療薬はどれも似たような服用方法で、副作用も似ていますが飲み方を間違えると重大な事故を引き起こす可能性があるため気をつけるようにしましょう。

 

次ページ→ED治療薬を実際に飲んでいる方の声